マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化と変異の世界へ
最近,学会発表のアブストラクトを書き直しています。LabPhonという,実験音韻論の学会です。12月に最初のアブストラクトの締め切りがあり,今月,採択という審査結果を受け取りました。修正したアブストラクトの締め切りは4月。

そもそも12月にアブストラクトを提出したときは,この研究がどういう意義があるのか,学問的にどのへんに位置づけられるのかが,自分でもよくわかりませんでした。採択されることを期待せず,完全にダメモトで提出したわけです。だから,採択の結果を受けたとき,自分でも驚いてしまいました。

内容はというと,韓国語慶尚南道方言の韻律に関するもの。昨年夏にIntonational Phonologyのワークショップで発表した論文と同じ方言を扱っていますが,夏のとは違う角度から。もっと具体的に言えば,2つのアクセント型の融合,およびそれとイントネーションとの関わりについてです。

それが,最近になって,位置づけがちょっと見え出してきました。キーワードはlexical diffusion。この言葉,審査結果のコメントの中に出てきたのですが,語彙的な拡散?なんのことだろう?と思いつつ,深く気に留めないでいました。その後,こちらでのミーティングで,変異に関する論文を討論(といっても,私はついていけず,ただ聞いているだけ)したとき,この言葉を再び耳にしました。これってもしかして術語?と思って調べてみたら,やはりそうでした。

参考になったのは,このページ:
 日本語起源の探究 > Break と Meat の母音の発音はなぜ異なるのか?(音韻法則の破綻について)
(ちなみにこのウェブページの作者は言語学の「アマチュア」だそうですが,一部の二流言語学者よりもよっぽどまともな印象を受けました。)

要するに,ある音韻的条件を備えた語すべてに同時に生じる音韻変化ではなく,いくつかの語にまず生じ,さらに別の語に生じ・・・というように,ちょっとずつ適用される語が広がっていくようなタイプの変化のようです。上のウェブページで紹介されているフィラデルフィア方言の研究というのは,たぶんLabovによるものかと。

さらに,Google scholarでlexical diffusionを検索してみると,いろいろな論文が引っかかりました。私の知っている名前だと,Bybeeとか。なるほど,そのへんの路線とつながってくるわけですね。

今までlexical diffusionという術語を知らなかったことが恥ずかしい限りですが・・・。ともかく,この言葉をキーワードとして,研究の位置づけが見え出してきました。私が取り上げようとしている現象自体は,たぶんlexical diffusionとは言えないだろうと思います。が,いずれにしても,言語変化と言語変異に関する議論と関わってきそうです。今回発表に採択された以上,この世界のことをある程度勉強した上で発表にのぞむ必要がありそうです。

音声学から出発した私の研究が,Intonational Phonologyを経て,ついには言語変化と言語変異の世界へ。ダメモトで気軽に書いたアブストラクトから,思わぬ世界に足を踏み入れてしまいました。まあでも,慶尚道方言のアクセントを扱う限り,避けられない道だったと思います。若年層では明らかに体系が崩れてきているわけで,その崩れかけた状況を扱うには,安定した体系に基づいて作られた理論だけでは,なかなかうまくいかないでしょう。

このまま,その世界にどんどん分け入っていくことになるかはわかりません。1人で本格的にやるには荷が重いので,その方向の専門家と一緒にできれば一番いいのですが・・・。

ICPhS (3)
今回参加したICPhSに関する3番目の記事。これが最後です。

これだけ規模の大きい国際会議に,しかも最初から最後まで通して参加したのは初めてでした。気づいたことをいくつか。

①いろいろな知人と再会できる。
・・・これは国内の学会でも同じことですが。ただ,日本人の知人のほかに,日本人以外の知人(といっても,私の場合,韓国人しかいませんが)とも再会できるというのは,国際会議ならではかもしれません。

②けっこう知り合いが増えたりする。
・・・特に,国際会議では日本人同士かたまったりするので,日本人の知り合いがけっこう増えるものだなと思いました。海外でよく発表する人は,こうやってお互い仲良くなっていくのでしょうね。国内ではなかなかお近づきになれないような偉い先生方とも話す機会を持てたりするのは,国際会議の意外な利点だと思いました。

私の場合,日本人のほかに,韓国人ともけっこう知り合いました。こちらは,アメリカに留学している大学院生が多かったです。

③ポスター発表で質問するのはけっこう楽しいかも。
・・・私の場合,ほとんど英会話の練習のつもりで,いろいろなポスター発表のところで質問したりしてました。馬鹿みたいな質問もずいぶんしたと思いますが・・・。



そんなわけで,ポスター発表の時間に質問をしたりする以外はほとんど英語を使わず,日本人の知人と日本語でしゃべったり,韓国人の知人と韓国語でしゃべったりしてました。良いのか悪いのかよくわかりませんが。




DSC01017.jpg


↑そしてこれが最終日,Closing Ceremonyが始まる直前の様子。
次回は4年後に香港で開かれるのだそうです。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

ICPhS (2):ポスター発表のコツ?
ICPhSは月曜から金曜の5日間で,さらに私は,大会に先立って日曜日に開かれたサテライト・ワークショップにも参加しました。私の発表は,日曜日(ワークショップ)と火曜日の二つ。どちらもポスター発表でした。実質的に初めてのポスター発表だったわけですが,初めてにしてはまあまあだったと思います。口頭発表だとけっこう緊張するのですが(そうは見えないとよく言われますが),今回のポスター発表では,さほど緊張することもなく,楽しく終えられました。

見に来てくれた人は,日本人と韓国人が多かったと思います。本当はもっと,西洋人の大物とかにも見に来てほしかったと思わなくもありませんが・・・(いや,私が気がつかなかっただけで,実は見てくれていたのかもしれませんが)。でも,それにはもっと工夫が必要だったのかもしれません。私自身,ほかの人のポスターを見ながら思ったことですが,自分がとりたてて関心を持っている言語以外のポスターは,どうしても,さっと通り過ぎてしまいます。そこで一歩立ち止まって見てみようと思うのは,何か一般的な観点での示唆が得られるようなものです。

つまり,こういうことでしょう。そのポスターが扱っている特定の言語に興味がない人も引き寄せるには,
①一般的な観点からアピールできるポイントがある
②そのポイントが,ポスターを一目見ただけでわかる(あるいはタイトルを一目見ただけでわかる)

なんて,言うのは簡単ですが,実際にそういうポスターが作れるかどうか・・・。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

発表採択
3月に申し込んだICPhS(国際音声科学会議)の審査結果が届きました。結果はaccepted,つまり採択。落ちても参加するつもりではいましたが,これでめでたく発表者として参加できます。

審査結果のメールによれば,採択率は66%だったそうです。国際会議ってだいたいこんなもんなのでしょうか?私はよく知りませんが。思ったよりもけっこう落とされるものなんだなと思いました。

ICPhSは8月6日から10日にドイツのザールブリュッケンで開催されます。私の発表はポスター発表です。考えてみれば,国際会議で発表するのもポスター発表をするのも実質的にはじめてです。いちおう,昔韓国にいたときに発表しましたが,そのときは共同研究で私の名前は一番最後だったので,自分の発表という気があまりしなかったし,国際会議とは名ばかりで招待講演者以外の参加者はほとんど韓国人というものでした。あと,2004年の朝鮮語研究会200回記念大会も,「国際学術大会」ということになってますね。でも,これも「国際」といっても日本と韓国だけだし,私の発表言語は日本語だったし…。

それと比べると,今回は本当の国際会議です。しかもものすごく伝統のある国際会議。こちらのコモンルーム(学科の休憩室のようなところ)に昔のICPhSの記念写真が飾ってあるのですが,私にとってほとんど歴史上の人物であるような言語学者たち(ヤコブソン,マルティネ,ダニエル・ジョーンズ,…)が写っています。そういう伝統ある国際会議なんですよね。まあ,昔と今とではだいぶ違うでしょうが。

発表おさめ
ソウルの慶煕大で発表をしてきました。慶煕大の研究所と早稲田大の研究所が共同で主催しているワークショップのようで,日本から何人かの先生がいらしてました。とても小規模のワークショップである上に,私の発表する午後は2つの部屋に分かれて行ったため,私の発表のときの聴衆の人数は一桁。入念に準備したのに,拍子抜けしてしまうようなワークショップでした。

とはいえ,これが私にとって初めての英語での(公式な場での)発表。英語での発表に慣れていく上では,こういう小規模のものが最初であったのは良かったのかもしれません。原稿をほとんど見ずに話せたのは,ちょっとした自信になりました。ちゃんと準備し練習しさえすれば,英語で話すのもどうってことないんだなと。もちろん,文法的な間違いはいろいろあったでしょうが,それでもそれなりに伝わったようです。

ただ,課題は質疑応答。質問者の質問内容がうまく理解できず(主に私のリスニング力の問題でしょう),質問者との議論がかみ合うまでに時間がかかりました。もっとも,質疑応答は日本語で発表しても難しい部分ではありますが。

内容は新しい成果の発表ではなく,日本語と韓国語の韻律について概観するというもの。もっと具体的に言えば,日本語と韓国語の韻律に関する先行研究をまとめ,そこにある核心的な問題が何であるかを論じ,それを解決する試みとして私の最近の研究(韓国音声科学会で発表したもの)を紹介するというものでした。要するに,自分の最近の研究の宣伝のようなものです。

発表の準備をする過程で,今後行うべき実験のパラダイムを思いつきました。それも今回の発表とその準備を通じて得たものの1つかも。

今年は今まで以上に口頭発表・講演をたくさんした年でした。数えてみたら,今回が6回目。今年はおそらくこれが最後です。来年はきっと英語でたくさん発表をしなければならなくなるでしょう。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。