マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

への字の法則
最近手にした『韓国語教育論講座 第1巻』をぱらぱらっとめくっていたら,以下の記述が目にとまりました。趙義成先生の「文字と発音の指導法」の中の一節です。


ここで,ピッチの指導について1つのモデルを紹介したい.以下は第2回韓国語教師研修会の教育実習において,茨城大学非常勤講師(当時)の宇都木昭氏が提示された「への字の法則」と呼ばれるものである.
(p.383)


なんと,私の名前が出ているではありませんか。

確かに,韓国語教師研修会の教育実習でそんなことをやりました。短い文を例に挙げ,「への字」型のイントネーションになることを説明し,練習してもらうというものです。けっこう好評だったのを覚えています。学会発表もこれだけ好評だったらいいのに,なんて思ったりしました。でも,まさか本にまで登場することになるとは。

せっかくなので,ここでちょっと補足しておきましょう。教育実習では,いちいち先行研究に言及したりしないので話しませんでしたが,「への字」というのは,日本語の音声に関してよく言われることです。誰が最初に言い出したのかは知りませんが。インターネットで検索すると,たくさんヒットします。以下のような,学会誌に掲載された論考(実践報告)もあります。

中川千恵子 (2001) 「「へ」の字型イントネーションに注目したプロソディー指導の試み」『日本語教育』110号.

私が思うに,日本語(東京方言)の「への字」は記述的にも理論的にも言語教育的にも,いろいろ議論する余地のある問題だと思います。それに対して韓国語(ソウル方言)は,条件が整えばとても綺麗な「への字」になります。(どういう条件かというのもまた,おもしろい問題だと思います。ここでは書きませんが。)

なお,韓国語の「への字」に関心のある方のために挙げておくと,このことと最も関係する拙稿として,以下のものがあります。ここでは「への字」とは一言も言っていませんが,F0曲線(≒ピッチ曲線)を見ればわかっていただけると思います。(特に多音節語の場合です。)

宇都木昭 (2004) 「朝鮮語ソウル方言における引用形のピッチパターン」 朝鮮語研究会(編)『朝鮮語研究2』くろしお出版, 7-45.

朝鮮語研究〈2〉 朝鮮語研究〈2〉
朝鮮語研究会 (2004/11)
くろしお出版

この商品の詳細を見る


ちなみに,ここでの「引用形」は,よく誤解されるのですが,単語を単独で発音した形のことです。英語のcitation formの訳語です。文法研究では,「引用形」と言えば「~と」や「~고」のようなものを指すと思いますが,それとは全く関係がありません。

あと,「への字」に関してもう1つ大事な補足です。例の教育実習は私1人のものではなく,グループによるものです。確かに教師役は私でしたし,教える内容に関する基本的な部分の多く(例の「への字の法則」という呼び方を含めて)も私が考えたものですが,それを具体化して授業という形にしたのは,グループ全体によるものです。グループによる準備を通じて,多くのことを学ばせていただきました。同じグループだった先生方にたいへん感謝しております。

韓国語教師研修会を通じて感じ,『韓国語教育論講座』を手にした今改めてまた感じたことですが,韓国語の「への字」は,韻律教育における1つのポイントになりうる思います。このへんのことは,周辺的な問題を含め,ちゃんとしたところにまとめた方がいいのでしょうね。こんなブログにちょこちょこっと書くのではなく。
スポンサーサイト

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。