マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朝鮮語ソウル方言の韻律構造とイントネーション』
すっかり宣伝するのを忘れていましたが、昨年度末に私の著書が出ました。

朝鮮語ソウル方言の韻律構造とイントネーション朝鮮語ソウル方言の韻律構造とイントネーション
(2013/03/22)
宇都木昭

商品詳細を見る


(上はアマゾンへのリンクですが、出版社のサイトからも購入できるようです。)

まえがきには以下のようなことを書きました。長いですが引用します。




本書は、私が2005年に筑波大学に提出した学位論文「朝鮮語ソウル方言におけるアクセント句 ― 音響分析による再検討 ― 」を改訂したものである。

そもそも、私がこのような研究を志したきっかけは、筑波大学人文学類の学類生だったころに遡る。朝鮮語(韓国語)を学んでいた当時、ネイティブの先生からこんなことを言われたことがある。

「あなたの韓国語のイントネーションはプサン方言みたいよ。」

私としては、プサン方言を話しているつもりはなかったし、(プサン訛りの日本人というのも、それはそれで悪くないかもしれないが、)韓国で標準的と認識されているソウル方言のイントネーションを身につけたかった。しかし、私がこの言語を学習していた当時、ソウル方言のイントネーションや韻律の特徴について言及してある文献は、少なくとも学習者の目にとまるような語学書の中には存在していなかった。だから、大学院に入学し研究テーマを決めることになったとき、ソウル方言の韻律を扱おうと思ったのである。以来、大学院を修了するまで、一貫してこのテーマで研究を進めてきた。

本書はそのような経緯を持っているものの、学習者としての素朴な関心から始まったものとしては、最終的にずいぶん理論色の濃いものになったかもしれない。もし、かつての私と同じようにソウル方言のイントネーションについて素朴な関心を持った方々が本書を手に取られたとしたら、あるいは、そのような素朴な関心に応えたいと思っている語学教師の方々が本書を手に取られたとしたら、本書が学習者用の語学書でもなければ語学教師用の手引きでもなく、韻律に関する言語学的な研究書であることをご理解いただきたい。私としては、ソウル方言の韻律に関して、理論的研究と応用的研究の双方が互いに影響しあいながら発展し、その成果が様々なかたちで提供され実践されることを願っている。そのような方向に少しでも貢献できればと、この拙い本を公にする次第である。

* * *

本書は筆者の博士論文を土台としつつ、少なからぬ変更を加えている。最も大きな変更点は、博士論文の第2章「アクセント句の音声的特徴」を除いた点にある。これは、全体的な構成として、この章のみがやや異質な問題を扱っていたためである。

その他にも、文章や図に関して変更を加えた箇所がある。これらはいずれも、正確さ、わかりやすさ、読みやすさ、見やすさの観点から施したもので、本研究の議論の方向に影響を与えるものではない。

なお、一般に「朝鮮語」、「韓国語」、「コリア語」などのように呼ばれる言語に対し、本書では「朝鮮語」という名称を用いている。これは、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、その他いくつかの地域で用いられている言語変種を総称するものとして、日本の言語学で広く用いられている呼び方にならっている。そのうちで、大韓民国ソウル市で用いられている変種を「朝鮮語ソウル方言」と呼んでいる。

スポンサーサイト

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

『ハングルの誕生』
すでに読み終えてからだいぶ時間が経ちましたが,野間先生の『ハングルの誕生』を読んで思ったところを書いてみたいと思います。

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)
(2010/05/15)
野間 秀樹

商品詳細を見る


この本では,そのタイトルが示す通り,朝鮮半島で用いられている文字体系,ハングルの誕生が扱われています。15世紀,文字イコール漢字といってもよかった当時の朝鮮半島において,朝鮮語を書き記すためにハングルという文字体系が生み出された ― そのことが如何に革命的であったか ― このことを著者は,ハングルの生み出された時代にまるでタイムスリップするかのようにして描いています。

当時の時代にあってハングルがいかに新しいものであったか,そして,いかに考えぬかれて作られたものであったか,それを理解するには現代言語学の基礎が欠かせません。言い方を変えれば,現代言語学の観点から理解されうるようなものが,現代言語学の諸概念が存在しなかった時代に生み出されたことが,驚きなわけです。

新書という一般向けの本ではともすると,話をわかりやすくするために,説明をは極端に簡潔にしたり省いたりしかねません。しかし本書は,ちゃんと理解できるように,あるいは,ハングル誕生の驚きをしっかりと体感できるように,ハングルの仕組みとそれに関わる現代言語学の概念を一つ一つ丁寧に説明しているのです。

そういう意味では,この本は朝鮮語学(韓国語学)や言語学の入り口の役割も果たしているのかもしれません。ハングルへの関心をきっかけにして,朝鮮語学・言語学への関心へとつながるように。実際にこの本には,新書としては珍しく,詳しい文献案内が付されています。

本書を入り口として広がっている学問の世界 ― その中に身を置かせていただいている者のはしくれとして,自分も良い仕事をしなければいけないと,気が引き締まる思いがしました。

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

『ハングルの誕生』を読みながら自分のことを考えた
最近,野間先生の『ハングルの誕生』を読んでいます。

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)
(2010/05/15)
野間 秀樹

商品詳細を見る


読んでいて野間先生のハングルや韓国語に対する熱い思いが伝わってきます。韓国語研究者のはしくれである私としては,野間先生にとって韓国語とはどういう存在なのだろう?どのようにして出会われたのだろう?そういうところまで考えが及んでしまいます。

そんなことを考えているうちに,ふと,自分にとっての韓国語について書いてみたくなり,ホームページの自己紹介の方を少し更新してみました。なんか気恥ずかしいですが・・・。




『ハングルの誕生』はまだ読んでいる途中なので,書評はまだ書けません。(でも,読み終えたとしても,野間先生ご本人の目にふれるかもしれないと思うと,ここに書評を書けないかもしれませんが・・・)

この本,「第22回アジア・太平洋賞」の大賞を受賞されたそうです。

第22回アジア・太平洋賞 大賞に前東京外国語大学大学院教授・野間秀樹氏

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Selected Papers from the 2nd European Conference on Korean Linguistics
以前に参加した国際会議の論文集がようやく出版されたようです。
執筆者なのに何も連絡がなくて,インターネットでたまたま見つけたのですが・・・。

http://linguistlist.org/issues/21/21-2177.html

私の論文も無事おさめられています。
昔の所属で出ています。

日本語と朝鮮語の破裂音
以前に「日本語と朝鮮語の破裂音 ― 音響音声学的研究の概観 ―」という論文を『北海道言語文化研究』という雑誌に投稿したことがあります。その『北海道言語文化研究』のウェブページから論文がダウンロードできるようになっているのを見つけました。

この私の論文は,論文というよりはレビューです。何か新しい知見を述べているというのではなく,いろいろな先行研究をまとめただけのもの(ちょっとだけオリジナルのデータがありますが)。この雑誌の執筆依頼を受けた頃,破裂音について知り合いに聞かれたというのが,このテーマを選んだ直接的な動機でした。が,それだけではなく,韓国語(朝鮮語)と言えば破裂音が特徴的であるにも関わらず,『韓国語教育論講座』の私の原稿の中では破裂音のことにほとんど触れておらず,それが自分で気になっていたというのが背景にありました。

なるべく関連する先行研究を網羅するように努めました。(が,私の勉強不足で重要な文献が欠けているようなことが,もしかしたらあるかもしれません。)興味のある方はぜひご覧ください。ご質問,ご意見,ご批判は大歓迎です。(ただし,批判するときは優しいトーンにしてください。厳しいトーンで批判されると落ち込みますので。)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。