マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『韓国語発音ガイド ―理論と実践―』
韓国語発音ガイド―理論と実践韓国語発音ガイド―理論と実践
(2008/09)
秋 美鎬山下 佳江

商品詳細を見る


Choo & O'Grady (2003) The Sounds of Korean: A Pronunciation Guideの日本語版です。単純な翻訳ではなく,日本の学習者向けにかなりの修正と加筆がほどこされています。とくに注目すべきは,「第5章 リズムとイントネーション」という章が新たに加えられたこと。Jun Sun-Ah氏の韓国語イントネーション研究が紹介されています。

Jun Sun-Ah氏の研究に関しては,これまでにも私が書いたものとか,閔光準さんの「韓国語のイントネーション」(『音声研究』11巻2号,2007年)の中でも取り上げられていましたが,これらは主に専門家を対象として書かれたもので,学習者向けの教材の中で本格的に取り上げられたのは,日本では私が知る限りはじめてだと思います。さらに,私や閔光準さんが取り上げていなかったPark Mee-Jeong氏の境界音調(句末,文末イントネーション)の研究も取り上げられていて,かなり本格的なイントネーションの解説になっています。

学習者向けとしては理論色が強すぎるのではないかとも思えるのですが,そのへんは学習者の方々の感想を聞いてみたいところです。

残念だったのは,付属の音声DVDに入っている発音において,イントネーションが本文の説明と合っていない部分がかなりある点。たとえば,우리 작은 동생은が本文(p.116)ではアクセント句(本書の用語ではピッチ・フレーズ)一つとなっているのに対し,音声DVDの発音では二つになっていたり。どっちもありえる発音だと思いますが,本文と音声が食い違っていては,読者を混乱させてしまうのではないかと・・・。

まあ,こういったことは細かいことで,このような本が出たことは,歓迎すべきだと思います。



ところで,ほかにも最近韓国語の発音に関する本が出ています。以下の長渡さんの本。

韓国語の発音と抑揚トレーニング―今すぐ実行できるウラ技を大公開!韓国語の発音と抑揚トレーニング―今すぐ実行できるウラ技を大公開!
(2009/03)
長渡 陽一

商品詳細を見る


ここでもイントネーションにかなりページが割かれています。

あと,発音がメインの教材ではありませんが,今年出た前田さんの本でも,イントネーションのことが取り上げられていました。

韓国語上級への道―トレーニングノート韓国語上級への道―トレーニングノート
(2009/03)
前田 真彦

商品詳細を見る


新たな潮流なのでしょうか・・・。

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Language Researchの最新号
ソウル大の語学研究所が出版している言語学の学術誌 Language Research (어학 연구)の最新号(第45巻第1号)に私の論文が載りました。今回は一般の投稿ではなく,依頼されて特集号に寄稿したものなので,最初から載ることはほぼ決まっていたわけですが,それでも実際に掲載されるとやはりうれしいです。

ちなみにタイトルは
Merger-in-progress of tonal classes in Masan/Changwon Korean
詳しい情報はこちら。ダウンロードもできます。

ちなみに今回の特集はKorean Accent, Tone and Intonationということで,私の論文のほかに,伊藤智ゆきさんとKenstowiczの共同研究の論文だとか,Jun Sun-Ahさんとその教え子の人による論文なんかも載っています。そんな中に自分の論文を入れてもらえたことをうれしいと思う一方で,この分野の研究者の多さに,めんどくさいなあと思ったりもします。

まあでも,私と他の研究者との間には考え方の相違が少なからずあるので,うまく自分の主張をしていければいいなあと思います。その考えの核心は,今回の論文ではほとんど扱いませんでした。今後のお楽しみ・・・というか,早くそっちも表に出さないとと思いつつ,他の仕事に追われて出来ないでいる今日この頃なのです。

Korean Phonology and Morphology
こんな本が発売予定になっているのを見つけました。

Korean Phonology and Morphology (Lecture Notes)Korean Phonology and Morphology (Lecture Notes)
(2009/02/15)
Y. M. Cho

商品詳細を見る


著者のCho, Young-mee Yuという人,あまりよくは知りませんが,韓国語の韻律音韻論において論文がよく引用されています。買おうかな・・・。

ECKL
ロンドンでは,European Conference on Korean Linguisticsという国際会議に参加しました。私も発表しました。(以前の記事に書いたように,この国際会議の案内を見た当初は発表するつもりがなかったのですが,やはり出しました。別の国際会議に出していたものを取り下げて,こちらにまわしました。)

参加者の約8割は韓国人で,のこりの2割のうちの半分ぐらいも韓国語を流暢に話す人たちという,不思議な国際会議でした。発表や質疑応答はすべて英語で行われたのですが,休み時間は韓国語ばかり飛び交っていました。

発表は,統語論のものが多かったように思います。それも,チョムスキーに近い理論によるものが。パラレルセッションがあるわけでもなく,休憩室があるわけでもないので,ほとんどずっと会場にいたのですが,理解できない内容のものが多かったです。あとで統語論の人たちに聞いた話では,彼らは逆に音声学の発表が全然理解できなかったようです。まあ,そうですよね。研究の世界はものすごく細分化されていて,ちょっと分野が違うと全く別世界です。

でもまあ,こぢんまりした学会で,いろいろな人と知り合えて楽しかったです。

この夏いろいろな国際会議や研究会に参加しましたが,これですべての予定は終わり。あとはエディンバラでおとなしくしている予定です。


疑問詞スコープなどにおける高平のピッチ(金次均 2002より)
慶尚道のいろいろな方言において,疑問詞のスコープが高く平らなピッチを示すことが知られています。久保智之先生がいろいろ発表されていて,以前にそれについての記事を書きました。例えば,

(1) 김치 물래? (HLHL) (キムチ食べる?)
(2) 무슨 김치 물래? (LHHHHL) (何のキムチ食べる?)

という具合です。本来のアクセント・トーンが失われてしまうのが特徴です。

似たような現象は福岡方言にもあることが知られていて,これもやはり久保先生が論文を書いています。福岡方言についてはさらに,Jennifer Smith氏が論じたり,五十嵐さんがフォーカスと絡めて分析したりしています。そんなわけで,けっこう話題の現象なわけです。

さて,この現象,今読んでいる金次均(2002)でも取り上げられていました(記事12)。慶尚道の昌原方言に関してです。データがいろいろ出ていました。

私が興味を持ったのは,この方言では似たような現象が疑問詞のスコープ以外にも観察されることです。取り上げられていたのは以下の副詞。(丸括弧内は標準語形)

안 [p.294ff.]
잘 [p.300f.]
잘몬 (잘못) [p.300f.]
더 [p.300f.]
고마/고만 (그만) [p.300f.]

いずれの場合も,後続の語(ときとして2語以上)までが1つの単位にまとまり,LH...HL(金次均氏にしたがえばMH...HM)というピッチをとります。後続語の本来のアクセント・トーンが失われること,次末音節から最終音節にかけて下降が現れることが特徴です。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。