マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
200706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年
ここエディンバラに来て,早いもので半年が過ぎました。こちらでの滞在期間の四分の一が過ぎたわけです。

来る前の計画では,最初の半年は英語の勉強に集中し,半年を過ぎたあたりから研究にとりかかろうと思っていました。英語に関してあまり自信がなかったし,最初に英語力を向上させられれば,その後の1年半の研究生活がより有意義になるだろうと思ったからです。

それが,実際にはどうだったかというと,この半年,ほとんど研究ばかりしていました。ちょうど夏に国際会議があり,さらに,自分の研究内容と近いテーマのサテライト・ワークショップが開催されることを知ったからです。その二つで発表するため,分析,原稿執筆,発表準備に追われた半年でした。

その一方で英語の勉強はというと,最初の2ヶ月ぐらいはちゃんとやっていたものの,その後は全くおろそかになっていました。それでも英語圏で暮らしているんだから英語ができるようになるんじゃないかと思われるかもしれませんが… どうなんでしょうね? 研究室は一人部屋で,そこにこもって研究していると,実際のところ英語を使う機会はあまりありません。自分の感覚でも,たいして英語力が向上した気はしません。

語学力が本当に伸びているときは,自分では気がつかないものだと,どこかで読んだことがあります。まあ確かにそうなのかなとも思いますが。今の自分に照らして見た場合,どうなんだか・・・?

ただ,英語力が向上したかどうかはともかくとして,英語圏で暮らすことには慣れてきたと思います。英語圏に自分がいるということに対して,違和感を感じなくなってきました。今はそんな段階です。英語がもっと出来るようになると,世の中がもっと違ったように見えてくるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

在外投票
在外投票に行ってきました。赴いた先は,在エディンバラ日本国総領事館。いつも事務手続きをする部屋で投票するのかと思っていたのですが,それとは別の部屋にちゃんと投票所が設けられていました。入口に(おそらく)イギリス人のスタッフが立っていて,投票所の中には日本人のスタッフが4人いました。

それにしても,ここの総領事館で投票する日本人って全部で何人ぐらいいるのでしょう?在外投票の期間は10日間ですが,その間に何人ぐらいの人が来るのでしょう?私が行ったときは,私のほかには誰も投票者はいませんでした。総領事館の職員の人たちにとっては退屈な仕事かも,なんて思ったりしました。私が投票している間,私に説明するとき以外誰も言葉を発しませんでしたが,誰も来ないときは職員どうしで雑談でもしているのでしょうか。

それはともかく,今日はとても寒い一日でした。とても7月下旬とは思えない・・・。でも,このあいだイギリス人から聞いたところによれば,今年の夏は特に涼しいんだそうです。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

英文タイトルの頭文字を大文字にするルール
英語で論文を書く場合,よくタイトルの各単語の頭文字を大文字にしたりします。例えば,

Japanese tone structure を
Japanese Tone Structure にしたりというように。

ただ,前置詞の頭文字は大文字にしなかったりというように,細かいルールがあって,気になっていました。

で,調べてみたら,Wikipediaに詳しく書いてありました。
Wikipedia: Capitalization
Headings and publication titlesのところに書いてあります。いろいろあるんですね・・・。

おそらく,冠詞,前置詞,接続詞は大文字にしない(ただし,betweenのように長い前置詞は頭文字を大文字にすることもある)というのが,いちばん一般的と言えるでしょう。でも,他のやり方が間違っているとも言えないようです。

私の論文で言えば,
Tonal Targets and Their Alignment in Daegu Korean
が一般的でしょうが,
Tonal Targets and their Alignment in Daegu Korean
という書き方もありうるわけです。

7月のエディンバラ,など
7月上旬に,暑い国の方を旅行してきました。そんなわけで,ブログの更新もちょっと滞っていました。

エディンバラに戻ってきてみて,涼しさに改めて驚いています。この時期でも日中の最高気温は15度から20度くらい。研究に精を出すにはちょうどいいかもしれません。ただ,天気はあまりよくありません。毎日憂鬱な天気がつづきます。このブログの左側にある「エディンバラの天気」のところをクリックすると一週間の天気が見られますが,見事に毎日雨です。もちろん,梅雨だからというわけではありません。日本の梅雨はやがて明けますが,エディンバラのこの天気は,いつまで続くことか・・・。

ここのところは,8月の学会発表に向け,準備をする日々です。ワークショップのサイトを見ると,スケジュールのところに論文がアップされていました。私の論文もここからダウンロードできます。
Workshop on ``Intonational Phonology: Understudied or Fieldwork Languages" > Schedule

韓国語の慶尚南道馬山・昌原方言の音調に関する論文です。個人的には,今まで書いた論文の中でいちばんの出来では,と思っています。同時に,今まで書いたものの中でいちばん理論色が濃い論文だったりします。ご意見,ご感想,ご質問,大歓迎です。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。