マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声調言語と絶対音感
声調言語話者には絶対音感の持ち主が多いという話があります。さらに一歩進んで,そこに因果関係を見出そうとする人もいます。そういう研究があり,それがマスメディアに取り上げられたりしているという記事がLanguage Logに出ていました。

Language Log > Absolute pitch: race, language, and culture

このLanguage Logの記事を書いている言語学者のMark Libermanは,この手の話を懐疑的に見ているようです。同様に懐疑的に見ている研究者はけっこう多そうです。

そもそも,

・本当に声調言語話者に絶対音感の持ち主が多いのか?
・仮に上が本当だとしても,声調言語話者であることと絶対音感の持ち主であることには因果関係があるのか?

ということを明らかにするのが決して容易ではないということが,問題なわけです。

このへんの議論,私はあまりよく知りませんが,慎重に見ていく必要がありそうです。
スポンサーサイト

Praat: 時間を正規化したF0曲線 (3)
時間を正規化したF0曲線をつくるためのPraatスクリプトを以前つくったことがあります(以前の記事)。そのときはMatrixを利用したわけですが,Pitch Tier -> TableOfRealというようにして作ればもっとシンプルなスクリプトになることがわかり,作りなおしてみました。新しいスクリプトはこちらに置いてあります。

このスクリプトによって作られる図の例は,こんな感じ↓

時間を正規化したF0曲線

図の完成形は以前のものと全然変わりません。表に出ないスクリプトの内部が変わっただけなので,単に私の自己満足の問題かもしれません・・・。

でもせっかくなので,多少機能を追加しました。ラベルや図の枠を出さないようなオプションをつけたり。これを利用すると,複数の図を重ねがきするのに便利です。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。