マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201101<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201103
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハングルの誕生』
すでに読み終えてからだいぶ時間が経ちましたが,野間先生の『ハングルの誕生』を読んで思ったところを書いてみたいと思います。

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)
(2010/05/15)
野間 秀樹

商品詳細を見る


この本では,そのタイトルが示す通り,朝鮮半島で用いられている文字体系,ハングルの誕生が扱われています。15世紀,文字イコール漢字といってもよかった当時の朝鮮半島において,朝鮮語を書き記すためにハングルという文字体系が生み出された ― そのことが如何に革命的であったか ― このことを著者は,ハングルの生み出された時代にまるでタイムスリップするかのようにして描いています。

当時の時代にあってハングルがいかに新しいものであったか,そして,いかに考えぬかれて作られたものであったか,それを理解するには現代言語学の基礎が欠かせません。言い方を変えれば,現代言語学の観点から理解されうるようなものが,現代言語学の諸概念が存在しなかった時代に生み出されたことが,驚きなわけです。

新書という一般向けの本ではともすると,話をわかりやすくするために,説明をは極端に簡潔にしたり省いたりしかねません。しかし本書は,ちゃんと理解できるように,あるいは,ハングル誕生の驚きをしっかりと体感できるように,ハングルの仕組みとそれに関わる現代言語学の概念を一つ一つ丁寧に説明しているのです。

そういう意味では,この本は朝鮮語学(韓国語学)や言語学の入り口の役割も果たしているのかもしれません。ハングルへの関心をきっかけにして,朝鮮語学・言語学への関心へとつながるように。実際にこの本には,新書としては珍しく,詳しい文献案内が付されています。

本書を入り口として広がっている学問の世界 ― その中に身を置かせていただいている者のはしくれとして,自分も良い仕事をしなければいけないと,気が引き締まる思いがしました。
スポンサーサイト

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。