マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計ソフトRを使ってみる
最近,週1回のペースで開講されているRの講習を受けています。1ヶ月(計4回)だけの短期の講習です。

Rは統計ソフトです。SPSSやSASのように個人で買うには高いソフトと違って,Rは無料でダウンロードできます。

無料のソフトというと馬鹿にする人がいるのですが,ソフトウェアの世界においては,無料のものというのは結構あなどれません。音響分析におけるPraatにしてもそうですが,ときとして高価なソフトよりも優れた面を持っていることがあります。Rというのは,統計においてまさにそのような存在のようです。というか,Praatよりもはるかにスケールが大きく,有名なプロジェクトのようです。

どうして無料のものがそんなに優れた機能を持ちうるのかというと,オープンソースの利点が生かされているからでしょう。PraatもRも,オープンソースのソフトウェアです。

ただ,Rはけっこう敷居の高いソフトのようです。そう思われるのは,1つには,コマンドを入力することによって作業を進めるタイプのソフトだからです。何でもマウスでクリックして実行するというタイプのソフトしか使ったことのない人にとっては,慣れるまでたいへんだろうと思います。

もう1つ,こちらがより本質的な点ですが,Rを使いこなすには,統計学をきちんと理解していることが要求されるのかもしれません。まだRをよく知らないので何とも言えませんが,そんな印象を受けます。

いちど敷居を越えてしまえば使い勝手がいいのでしょうが,そこまでが大変だろうと予想されます。私が今後その敷居を越えることができるか・・・それは,まだわかりません。1点目はまあいいとしても,問題は2点目です。(おそらく多くの言語学者・音声学者がそうだと思いますが)私の統計学に対する理解はかなり断片的です。この際,きちんと統計学を勉強するというのも,1つの手かも知れませんが,なかなかそうする余裕が・・・。

ということで,この先私がはたしてRに慣れていけるかどうか・・・。もしかしたら,早々にSPSSに戻ってしまうかもしれませんし。というか,SPSSもまだ使いこなせていないですし。




なお,以下のサイトがRの総本山です。ダウンロードも,このサイトからリンクされているミラーサイトから出来ます。
The R Project for Statistical Computing


日本語で情報を得るには,以下のサイトがいいと思います。情報量が豊富です。特に,ここで公開されている「Rによるデータ解析」というPDFファイルはすごいです。
Rによる統計処理(青木繁伸氏)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。