マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規化が必要になるとき(2)
音声学における正規化に関して,以前の記事のつづきです。

持続時間やインテンシティの正規化については,私はあまりよく知らなくて,唯一知っているのはCampbell and Isard (1991), キャンベル (1997) によるものです。

これは,前にF0に関して書いた中でとりあげたのと同様,Zスコアを利用したものです。ただし,分節音による内在的な差異(例えば,同一条件下では,[a]は[i]より長くなる)を考慮し,各話者の各分節音ごとにZスコアを算出しています。

ちなみに,Zスコアというのは,ある値から全体の平均を引き,標準偏差で割った値のことです。統計を勉強するとよく出てきます。

この方法,もしかしたら前にコメントされた方への答えになるのかもしれません。ただ,本当に正規化をする必要があるかどうかは,やはり目的に応じて検討するべきだと思います。アプローチの仕方はいろいろありますので。

特に,どういった類のデータに適用するかに注意すべきだと思います。平均値と標準偏差を利用するので,一文とか二文といった少ない量のデータしかない状況では,適用したらおかしなことになってしまうはずです。データベースのように大量のデータを扱うときには有効でしょう。

ちなみに,上の論文では,韻律情報の自動識別という工学的な目的があるようです。そういう場合には,確かにこういうことが必要になってくるのでしょう。




参考文献



キャンベル,N. (1997) 「プラグマティック・イントネーション:韻律情報の機能的役割」音声文法研究会(編)『文法と音声』くろしお出版.

文法と音声 文法と音声
音声文法研究会 (1997/05/23)
くろしお出版

この商品の詳細を見る


Campbell, W.N. and S.D. Isard (1991) Segment durations in a syllable frame. Journal of Phonetics 19, 37-47.

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。