マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zuraw (2007)
Kie Zuraw (2007) The role of phonetic knowledge in phonological patterning: corpus and survey evidence from Tagalog infixation. Language 83, 277-316.

今度,こちらのミーティングで議論するということで読んでみました。




言語の音韻論的パタンを通言語的に見てみると,一定の傾向性があることがわかる。SPE以来の生成音韻論では,これは心の中にあるphonological knowledge(音韻知識)によるものと考えられてきた。ところが,Blevins (2004) をはじめとするEvolutionary Phonologyでは,この通言語的傾向性をphonological knowledgeによるものではなく,言語伝達の結果によるものとみなす。つまり,聞き手による聞き取られ方に普遍的な傾向性があり,それが言語変化の要因となり,その積み重ねによって通言語的な傾向性が生まれるというわけである。この立場では,通言語的傾向性はphonological knowledgeなしで説明される。さらには,phonological knowledgeの存在自体が疑われることになる。

しかし,phonological knowledgeの存在を主張する立場からは,別の観点からphonological knowledgeの存在する根拠が出されている。それは,話者がそれまで耳にした経験がない語を生み出すときにも,その音パタンは通言語的傾向性に従うというものである。この方向の研究には,借用語音韻論などが含まれる。本論文もまた,この方向の研究の中に位置づけられる。

この論文では,タガログ語の接中辞がCCVのような環境に現れる場合の傾向性を扱っている。すなわち,C-接中辞-CVとなるかCC-接中辞-Vとなるかが,CCの子音のタイプとどう関わるかである。

まず検討したのは,実際の語における接中辞の入れられ方である。ウェブ上から収集した用例を分析した結果,CCの子音によって接中辞の入れられ方が異なることが明らかにされた。これは,これまで一般的に知られている子音連続の分離の仕方と一致する。

次に,話者がこれまで経験したことのないタイプの語(語頭において歯擦音ではじまる子音連続をふくむ語)でどうなるかについて,ウェブ上でのアンケートによって検討した。その結果,上と同じ傾向性が確認された。

話者がこれまで経験したことのないタイプの語でこのような結果が現れたことは,phonological knowledgeが存在する可能性を示唆している。




伝統的生成音韻論(OTを含めて)対Evolutionary Phonologyというのは,音韻論におけるこれからの新たな対立軸になるかもしれませんね。

それと,ウェブを利用するという方法論もおもしろいです。心理学でウェブ上で実験を行うことがあるとは聞いたことがありますが,言語学でもそういうことをやっている人がいるんですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
音韻論 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
2008/01/28(月) 13:01:40 | あらかじめサーチ!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。