マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化と変異の世界へ
最近,学会発表のアブストラクトを書き直しています。LabPhonという,実験音韻論の学会です。12月に最初のアブストラクトの締め切りがあり,今月,採択という審査結果を受け取りました。修正したアブストラクトの締め切りは4月。

そもそも12月にアブストラクトを提出したときは,この研究がどういう意義があるのか,学問的にどのへんに位置づけられるのかが,自分でもよくわかりませんでした。採択されることを期待せず,完全にダメモトで提出したわけです。だから,採択の結果を受けたとき,自分でも驚いてしまいました。

内容はというと,韓国語慶尚南道方言の韻律に関するもの。昨年夏にIntonational Phonologyのワークショップで発表した論文と同じ方言を扱っていますが,夏のとは違う角度から。もっと具体的に言えば,2つのアクセント型の融合,およびそれとイントネーションとの関わりについてです。

それが,最近になって,位置づけがちょっと見え出してきました。キーワードはlexical diffusion。この言葉,審査結果のコメントの中に出てきたのですが,語彙的な拡散?なんのことだろう?と思いつつ,深く気に留めないでいました。その後,こちらでのミーティングで,変異に関する論文を討論(といっても,私はついていけず,ただ聞いているだけ)したとき,この言葉を再び耳にしました。これってもしかして術語?と思って調べてみたら,やはりそうでした。

参考になったのは,このページ:
 日本語起源の探究 > Break と Meat の母音の発音はなぜ異なるのか?(音韻法則の破綻について)
(ちなみにこのウェブページの作者は言語学の「アマチュア」だそうですが,一部の二流言語学者よりもよっぽどまともな印象を受けました。)

要するに,ある音韻的条件を備えた語すべてに同時に生じる音韻変化ではなく,いくつかの語にまず生じ,さらに別の語に生じ・・・というように,ちょっとずつ適用される語が広がっていくようなタイプの変化のようです。上のウェブページで紹介されているフィラデルフィア方言の研究というのは,たぶんLabovによるものかと。

さらに,Google scholarでlexical diffusionを検索してみると,いろいろな論文が引っかかりました。私の知っている名前だと,Bybeeとか。なるほど,そのへんの路線とつながってくるわけですね。

今までlexical diffusionという術語を知らなかったことが恥ずかしい限りですが・・・。ともかく,この言葉をキーワードとして,研究の位置づけが見え出してきました。私が取り上げようとしている現象自体は,たぶんlexical diffusionとは言えないだろうと思います。が,いずれにしても,言語変化と言語変異に関する議論と関わってきそうです。今回発表に採択された以上,この世界のことをある程度勉強した上で発表にのぞむ必要がありそうです。

音声学から出発した私の研究が,Intonational Phonologyを経て,ついには言語変化と言語変異の世界へ。ダメモトで気軽に書いたアブストラクトから,思わぬ世界に足を踏み入れてしまいました。まあでも,慶尚道方言のアクセントを扱う限り,避けられない道だったと思います。若年層では明らかに体系が崩れてきているわけで,その崩れかけた状況を扱うには,安定した体系に基づいて作られた理論だけでは,なかなかうまくいかないでしょう。

このまま,その世界にどんどん分け入っていくことになるかはわかりません。1人で本格的にやるには荷が重いので,その方向の専門家と一緒にできれば一番いいのですが・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Bybee, J. (2002) Word frequency and context of use in the lexical diffusion of phonetically conditioned sound change. Language Variation and Change 14, 261-290. 前回の記事以来lexical diff...
2008/03/02(日) 01:36:51 | マルソリ・ラボ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。