マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kenstowicz, Cho, and Kim (2008)
Michael Kenstowicz, Hyesun Cho, and Jieun Kim (2008) A note on contrasts, mergers, and acquisitions in Kyungsang accent. Toronto Working Papers in Linguistics 28, 107-122.

大邱方言・釜山方言のアクセントと中期朝鮮語や現代朝鮮語咸鏡道方言のそれとがどう対応しているかをRamsey (1975) にそって示し,いくつかの型が大邱方言・釜山方言の単語単独形においてmergeしていることを示している(例えば釜山方言における2音節語のLHなど)。さらに,音響分析により,それらが本当にmergeしていることを確認している。また,中期朝鮮語との関係において例外的な対応を示すものについて,その理由を考察している。




中期朝鮮語と現代諸方言の対応関係,およびそこに見られるmergerについては,よく知られていることです。それを実際に音響分析によって測定してみたのが新しいところ。研究ノートということで,インフォーマントは各方言とも一人ずつです。

なお,この論文の中で言及されていた他の興味深い論文。
Michael Kenstowicz and Chiyoun Park (2006) Laryngeal features and tone in Kyungsang Korean: A phonetic study. Studies in Phonetics, Phonology, and Morphology 12. 247-264.

慶尚道方言における平音・激音・濃音とピッチの関係を扱った論文のようです。私も気づいていた現象ですが・・・先にやられていたようです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。