マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンアクセス
論文の無料公開は著者にとっても利益になるというブログの記事を読みました。オープンアクセスに関する話です。

私の専門分野の世界は、これよりも何段階も遅れている気がします。ごく一部にはオープンアクセスもあります。言語学・音声学の国際誌の多くは、オンラインジャーナル化されていて、所属機関がそのジャーナルを購読していれば、ダウンロードすることができます(はじめてダウンロードしたとき、何て便利なんだろうと思いました)。でも、国内の学会誌の場合、インターネット上から得られるのは論文の目次ぐらいです。さらに、学会によっては、ホームページを持っていないところすらあります。

それはともかく、このオープンアクセス。利用する側からすればとても便利ですし、こういう動きは広がってほしいです(特に海外にいると、日本の論文を入手することの面倒さを実感します)。でも、現実的にはいろいろ難しい面があるんでしょうね。出版社からすれば、ただで公開しては儲からない。学会が出している学会誌の場合、会員であるかどうかに関わらず論文が自由にダウンロードできたら、会員であることのメリットが少なくなり、会員が減ってしまうかもしれない。このへんがきっと問題になるのでしょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。