マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動翻訳と語学屋の未来
前回の記事で,Google翻訳のことを書きました。Google翻訳というか,おそらく自動翻訳全般に言えるのでしょうが,今はレベル的にまだまだだと思います。でも,技術というのはどんどん進歩するものです。そのうち,誤訳がほとんど無いレベルになる日が来るでしょう。それが近い未来か遠い未来かはわかりませんが。

そうなったら語学を専門としている人たちはどうなってしまうんだろうか,なんてことも考えてしまいます。高性能で手軽な自動翻訳ソフトが登場したら,世間の人々は語学をあえて勉強しようと思わなくなるかもしれません。一部の語学好きの人は勉強しつづけるでしょうが,社会全体としてのニーズは減るんじゃないかと思います。そうなると,大学の語学のコマ数も減らされるでしょう。そして,大学における語学の教員のポストも減るでしょう。語学屋さんたちは大学から職を失ってしまうのでしょうか。

私自身も,将来語学関係のポストにつくかもしれないわけですから,他人事ではありません。

想像はさらに進みます。自動翻訳の技術はさらに向上し,スピードはもちろんのこと質的にも翻訳家より勝ってしまう日が来るかもしれません。ちょうど,チェスのゲームでコンピュータが人間のチャンピオンに勝ってしまったように。そうしたら翻訳家も失業してしまうのでしょうか。

そんな時代が来たら,語学屋さんたちは自動翻訳ソフトを破壊してまわるのでしょうか。産業革命の時代,機械に職を奪われた労働者が機械を打ち壊したように。

コメント
この記事へのコメント
文化の翻訳は難しいのでは?
こんにちは。再びお邪魔します。

自動翻訳、技術文書なら使いものになる日は近いでしょうね。日本の特許庁では、和文特許明細書を自動英訳するサービスを行っています。

しかし、諺、名言、引用句の適正な翻訳は遠い気がします。

日本語で軽い読みものを良く書くのですが、職場の外国人にも読ませたいと思い英訳をしようとしたら、千利休の和歌を引用していたので困っています。

昔読んだ本(小林薫著)に載っていた、すごい同時通訳者の話を思い出します。国際会議の席上、シェイクスピアを引用した発言(英語)を、即座にドストエフスキーの引用(ロシア語)に変換した老婦人を目撃したそうな。
2008/05/29(木) 13:09:22 | URL | 轟 眞市 #N/5Wq/BI[ 編集]
技術的な翻訳文書では、既に機械翻訳を人間が手直してして作ることがなされていると聞いたことがあります。しかし、この程度のことは、例えば組み立て工場のロボットのような技術でしょう。語学でも、微妙なビジネス交渉とか、多数の人が参加する、高度のディスカッションとか、どんなに音声認識と自動音声翻訳が進歩しても、そう簡単には出来そうもありませんね。文学や哲学の文章など、審美的なものを求められる場合は、そもそも機械翻訳が可能かどうか・・・。初歩的な翻訳については、機械でなされることが多くなるかもしれませんが、そうであればあるほど、機械では出来ないことをこなす高度の語学力を持つ人の価値も高まると思います。

大学の語学について言えば、そういうこととは全く別の問題が既に沢山あります。多くの大学の授業が専門学校のようになり、第二外国語が廃止されたりして、語学教育が英語一辺倒になりつつあること、近年、若者が外国語、更に外国文化に関心をあまり持たなくなって、外国語・外国文学系の学科や授業が減りつつあることなど、その例です。Yoshi
2008/05/29(木) 21:39:12 | URL | Yoshi #ohisZpE6[ 編集]
轟さん,Yoshiさん,コメントありがとうございます。

人間に出来ていることは,いつか機械にも出来る日が来るんじゃないか・・・そんなところから上のような記事を書いたわけです。まあでも,ある種の翻訳に関して言えば,それは遠い未来のことなのでしょうね,きっと。

Yoshiさんの大学の語学のお話ですが,

> 大学の語学について言えば、そういうこととは全く別の問題が既に沢山あります。多くの大学の授業が専門学校のようになり、第二外国語が廃止されたりして、語学教育が英語一辺倒になりつつあること、近年、若者が外国語、更に外国文化に関心をあまり持たなくなって、外国語・外国文学系の学科や授業が減りつつあることなど、その例です。

私もちょっと耳にしたことがあります。

大学の変化,学生の変化,そして語学の社会的な位置づけの変化。語学関係者をとりまく状況は様々に変化していているのでしょう。今後どう変化していくのか,あるいは,どうあるべきなのかなど,考えたりするのですが,今は考えがまとまりません。

ところで,本当に若者は外国文化に対する関心を持たなくなってきているのでしょうか?私は韓国とずっと関わってきたので,そんな私から見ると,韓国への関心は昔と比べてずいぶん増したなあと,感慨を持つことがあります。韓国だけ例外なのかな・・・。
2008/05/30(金) 06:57:56 | URL | A. Utsugi(管理者) #LBBrlPtc[ 編集]
外国語、外国文化
Utsugiさんのおっしゃるように、以前に比べれば中韓への関心は高まって来たと思います。しかし、総体としてみると、かっての西欧文化への憧れが薄くなったせいか、仏独語教育などは見る影も無くなり、そうした系列の学科も少なくなりました。ポストがなくなるにつれ、院生や研究者も激減しつつあると思われます。英語・英米文学もある程度同様のことが言えます。アメリカ好きの学生も随分減ったと思います。また、円安のせいもあるかと思いますが、英米への留学生も減っているという新聞記事も読みました。10年くらい前までは、後先構わずなんとしても留学したい、という学生が多かった気がしますが、今は就職活動などが一番で、留学はキャリアを積む上でプラスになれば、という実利的な考えをする若者が多くなったように思います。まあ、多額の資金を要することですから、当然ですが。Yoshi
2008/05/30(金) 09:12:21 | URL | Yoshi #ohisZpE6[ 編集]
Yoshiさん,

フランス語・ドイツ語はたいへんみたいですね。

私は自分の専門上,やはり韓国語のことが気になります。韓流ブームが一段落した頃にしぼみはじめるのか,そんなことないのか・・・。

そのへんを考える上で,独仏(あるいは,英語も)の語学教育の動向が気になっています。
2008/05/31(土) 22:16:07 | URL | A. Utsugi(管理者) #LBBrlPtc[ 編集]
研究者
こんにちわ、私は人口知能の研究をしています。
今現在、人工知能は飛躍的に進歩しています。コンピュータチェスもあれは人工知能です、翻訳や検索もそうです。現在、チェスにおいて人間はほぼコンピュータには勝てません(トッププロ相手にハンデを付けて勝利したりしています)、あと数年も経てば完全に勝てなくなるでしょう。これは人工知能の劇的な進歩に起因があります、そしてその進歩は翻訳にも使われています。
結論を言うと残念ながら一般的で簡素な翻訳についてはあと5~15年もすれば完全にクリアできます。しかしながら人間の感覚的な部分は物凄く難しいので最低あと数十年はかかるのではと言われています。

ちなみに現在の進行スピードで行けばという話で、もし高速処理化など関連している分野に革命的な天才が現れればあれよあれよと言う間に解決してしまいます。
2009/02/19(木) 16:04:59 | URL | みたよん #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。