マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンファームリン
ダンファームリン(Dunfermline)という町に行ってきました。エディンバラからフォース湾を挟んで対岸にある町です。電車で30分ぐらいかかります。


フォース湾


↑電車から撮ったフォース湾。右手が川の上流方向(西)。左手が北海の方向(東)です。


ダンファームリン


↑町の中心部。平日の夕方のせいか,閑散としていました。

ダンファームリンは17世紀までスコットランドの首都だったそうですが,今はエディンバラ郊外の小さな町。ウィキペディアによれば,現在の人口は4万5千人ほどだとか。


ダンファームリン・アビー


↑アビー(修道院)。ここにスコットランド独立の英雄,ロバート・ザ・ブルースが眠っているそうです。


アボット・ハウス・ヘリテージセンター


↑アビーの脇にあるアボット・ハウス・ヘリテージセンターに,こんな表示がありました。何語でしょう?昔の英語?それともゲール語?

テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
きれいな町ですねえ。でも暗いなあ。私は以前夏にヨークやダラムまで旅行したことはありますが、スコットランドには行った事がありません。大変興味を引かれます。ブルースの眠る修道院、いつか見てみたいですね。

ところで建物の壁の言葉ですが、現代標準英語ではおそらく以下のようになると思います。間違いがあったらお赦しください。カギカッコは私の入れた説明です。写真で点がふってあるのは、単語の切れ目ですね。最後になぜセミコロンがふってあるのか、疑問です。

Since word is thrall and thought is free [,]
keep well thy [your] tongue [,] I counsel thee [you] :

イングランドの権力に長く抑圧されたスコットランド人の気持ちが込められているのでしょうか。 Yoshi
2008/06/06(金) 09:45:36 | URL | Yoshi #ohisZpE6[ 編集]
Yoshiさん,

言葉の説明,ありがとうございます。
深い意味のある言葉だったんですね。

(古英語の流れをくむ)スコットランド語(Scots)ですかね?


> きれいな町ですねえ。でも暗いなあ。

曇っていた上に,夕方の7時から10時ぐらいの間に撮った写真ですので。

もっと日の照っているときに撮れたらよかったんですけどね。夕方知り合いに会いに出かけたついでに撮ったので,たいした写真は撮れませんでした。
2008/06/06(金) 17:50:48 | URL | A. Utsugi(管理者) #LBBrlPtc[ 編集]
私は中世イングランドの英語は少し分かりますが、スコットランドの英語については良く知らないので、どのくらい古いかは分かりません。しかし、古い英語で、しかもスコットランド方言(Middle Scots)でしょう。長母音をIで示すところなど北部の方言の特徴です。また、WをVで表していますね。theeも使っているし、中世末から近代初期と思います。Yoshi
2008/06/06(金) 19:07:59 | URL | Yoshi #ohisZpE6[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。