マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進行中のmerger
もともと弁別されていた2つの音素が1つの音素になるような通時的変化を,mergerといいます。(日本語でなんて言うのかな・・・?)例えば日本語では,その昔「エ」と「ヱ」が異なる母音だったのが,今では1つになっています。でも,あるとき突然2つが1つになるわけではなくて,1つになりかけている途中の段階というのがあったりします。そして,途中の段階では,奇妙なことが起こったりします。それが私が発表しようとしているトピックでもあります。

私が扱っているのは,厳密に言えば2つの「音素」ではなく,2つの音調の型です。対象としている言語は,韓国語の馬山・昌原方言。(たぶん,同じことが広く慶尚南道東部に言えるのではないかと思いますが。)7月はじめ(来週!),LabPhonという国際会議で発表します。(なお,この発表に関することは,以前の記事でも書きました。)

LabPhon 11
私の発表要旨(PDF)

で,先日,ポスター発表の予行演習をしました。もともとあまり自信が無かったネタなのですが,見に来てくれた先生二人から面白いと言ってもらえて,だいぶ自信が出てきました。

さらに,そのうちの一人の先生から,関連する情報を得ました。なんでも,Paul Warrenが進行中のmergerについての研究をしているとのこと。調べてみて,こんな論文をみつけました。

Jennifer Hay, Paul Warren, and Katie Drager (2006) Factors influencing speech perception in the context of a merger-in-progress. Journal of Phonetics 34.

ニュージーランド英語における2種類の母音のmergerの話です。要旨をざっと読んだだけですが,exemplar-based modelと結びつけて論じているようです。やはりそういう方向に議論が向かうんですね。

面白そうだけど,今はすることがいろいろあって,じっくり論文を読む時間がないです。学会に向かう飛行機の中ででも読もうかなあ・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。