マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語学と基礎研究
こんな記事を見つけました。

昔の日記:基礎研究の反対語は? (大学教員の日常・非日常)
基礎研究の反対語は? (大学教員の日常・非日常)

基礎研究の反対は応用研究と考えられがちだけど,実はそうではないという話です。

なるほど,と思いました。ここの言語学の教員をみると,自分よりもずっと基礎的な研究をしてるなと思います。私も少しでもそっちに近付きたいなと,努力をしているわけです。

そんなことを思いつつ,ふと気になったこと。(一般)言語学に対して,英語学,日本語学,韓国語学などの個別言語学はどこに位置づけられるのでしょうか?応用?それとも末梢?まあ,個々の研究によって違ってくるかもしれませんが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。