マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語音声の報告書
インターネット上にあまり情報がないようなので、ちょっとメモを。昔の報告書です。



国広哲弥(編)1992. 『日本語イントネーションの実態と分析』文部省重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究」(略称『日本語音声』、研究代表者:杉藤美代子)1991年度(平成3年度)総括版刊行書

<目次>
まえがき
日本語音調の記述法 国広哲弥 1
専門家アクセントの使われ方 井上史雄 9
鹿児島県吹上町方言の複合名詞のアクセント 上野善道 91
韻律的特徴の理論的研究 荻野綱男 209
日本語音声の丁寧さに関する研究 荻野綱男・洪杓 215
東京方言におけるアクセントの担い手と複合の熟合度 早田輝洋 259
福岡市方言におけるアクセント消去について 久保智之 265


国広哲弥(編)1993. 『日本語イントネーションの理論的研究 ―総括編―』文部省重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究」(略称『日本語音声』、研究代表者:杉藤美代子)

<目次>
はじめに 国広哲弥
複合語を中心とするアクセント調査研究 上野善道 1
音声の丁寧さの実験言語学的研究 荻野綱男・洪杓 7
イントネーションと文法 早田輝洋・久保智之 17
いわゆる「尻上がり」イントネーションの聞き取り実験 原香織 19
付録:パネルディスカッション「言語における韻律の機能」 28
配布資料 29
(郡資料 29、井上資料 30、上野資料 35、荻野資料 40、山口資料 44、郡補足資料 52、井上補足資料 59)
文字化記録 62

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。