マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声調言語と絶対音感
声調言語話者には絶対音感の持ち主が多いという話があります。さらに一歩進んで,そこに因果関係を見出そうとする人もいます。そういう研究があり,それがマスメディアに取り上げられたりしているという記事がLanguage Logに出ていました。

Language Log > Absolute pitch: race, language, and culture

このLanguage Logの記事を書いている言語学者のMark Libermanは,この手の話を懐疑的に見ているようです。同様に懐疑的に見ている研究者はけっこう多そうです。

そもそも,

・本当に声調言語話者に絶対音感の持ち主が多いのか?
・仮に上が本当だとしても,声調言語話者であることと絶対音感の持ち主であることには因果関係があるのか?

ということを明らかにするのが決して容易ではないということが,問題なわけです。

このへんの議論,私はあまりよく知りませんが,慎重に見ていく必要がありそうです。

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
韓日の字幕翻訳をやっている者で、韓国語の方言に関して色々調べていたところ、たどり着きました。特に専門知識はありませんが、興味深くブログを読ませていただきました。
2009/06/25(木) 20:40:35 | URL | きょんえ #LFvhxTZM[ 編集]
コメントありがとうございます。
確認をするのが遅くなってしまって,申し訳ありません。
2009/06/29(月) 18:40:35 | URL | A. Utsugi(管理者) #LBBrlPtc[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。