マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『韓国語発音ガイド ―理論と実践―』
韓国語発音ガイド―理論と実践韓国語発音ガイド―理論と実践
(2008/09)
秋 美鎬山下 佳江

商品詳細を見る


Choo & O'Grady (2003) The Sounds of Korean: A Pronunciation Guideの日本語版です。単純な翻訳ではなく,日本の学習者向けにかなりの修正と加筆がほどこされています。とくに注目すべきは,「第5章 リズムとイントネーション」という章が新たに加えられたこと。Jun Sun-Ah氏の韓国語イントネーション研究が紹介されています。

Jun Sun-Ah氏の研究に関しては,これまでにも私が書いたものとか,閔光準さんの「韓国語のイントネーション」(『音声研究』11巻2号,2007年)の中でも取り上げられていましたが,これらは主に専門家を対象として書かれたもので,学習者向けの教材の中で本格的に取り上げられたのは,日本では私が知る限りはじめてだと思います。さらに,私や閔光準さんが取り上げていなかったPark Mee-Jeong氏の境界音調(句末,文末イントネーション)の研究も取り上げられていて,かなり本格的なイントネーションの解説になっています。

学習者向けとしては理論色が強すぎるのではないかとも思えるのですが,そのへんは学習者の方々の感想を聞いてみたいところです。

残念だったのは,付属の音声DVDに入っている発音において,イントネーションが本文の説明と合っていない部分がかなりある点。たとえば,우리 작은 동생은が本文(p.116)ではアクセント句(本書の用語ではピッチ・フレーズ)一つとなっているのに対し,音声DVDの発音では二つになっていたり。どっちもありえる発音だと思いますが,本文と音声が食い違っていては,読者を混乱させてしまうのではないかと・・・。

まあ,こういったことは細かいことで,このような本が出たことは,歓迎すべきだと思います。



ところで,ほかにも最近韓国語の発音に関する本が出ています。以下の長渡さんの本。

韓国語の発音と抑揚トレーニング―今すぐ実行できるウラ技を大公開!韓国語の発音と抑揚トレーニング―今すぐ実行できるウラ技を大公開!
(2009/03)
長渡 陽一

商品詳細を見る


ここでもイントネーションにかなりページが割かれています。

あと,発音がメインの教材ではありませんが,今年出た前田さんの本でも,イントネーションのことが取り上げられていました。

韓国語上級への道―トレーニングノート韓国語上級への道―トレーニングノート
(2009/03)
前田 真彦

商品詳細を見る


新たな潮流なのでしょうか・・・。

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。