マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneと「超」整理手帳
私は「超」整理手帳愛用者でした。「超」整理手帳というのは,野口悠紀雄氏がもともと『「超」整理法・時間編』の中で提案したスケジュール管理法にもとづいた手帳です。手帳がジャバラになっていて,広げることでスケジュールを俯瞰できるというのが,最大の特徴です。

続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法 (中公新書)続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法 (中公新書)
(1995/01)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)
(2006/10/03)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


でも,いつしかスケジュールの共有のためにGoogle Calendarも使うようになりました。スケジュール管理という一つの目的のために二つのツールを使うというのは,決して効率的ではないし,一方に書き忘れるというミスも起きがちなので,あまり良いやり方ではないのかもしれません。ただ,どっちも捨てがたく,共存の状態が続きました。

そして最近,iPhoneを買いました。iPhoneはGoogle Calendarと連動させることができます。おまけに,ポケットに入れて持ち運べます。そんなわけで,とりあえずスケジュール管理もiPhoneで行ってみている今日この頃。

ただ,「超」整理手帳に対する未練は残るのです。「超」整理手帳の最大の長所(というか,存在意義そのもの)はスケジュールを俯瞰できるという点。これは,小さい画面のiPhoneでは難しいことです。やはり,スケジュール管理は「超」整理手帳に戻るべきかなあと思っているところに,こんな記事を見つけました。

『「超」整理手帳』がiPadアプリになったワケ──野口悠紀雄氏に聞く(前編) (iPad*iPhone Fan)

iPadという新たな選択肢。でも,iPadは毎日持ち歩くには重いし大きすぎるような・・・。iPadの類のものが軽くなって,ついでに折り畳めてポケットに入れられるような輝かしい(?)未来がやってきたら,全ては解決しそうな気がするのです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。