マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Praatをもっと楽しく! ― Praat Launcher ―
音声資料を用いた研究をしているとしましょう。ここでいう音声資料というのは、大規模な音声コーパス(たとえば国立国語研究所の日本語話し言葉コーパス)かもしれないし、フィールドワークで録音した複数の単語の読み上げかもしれません。 どのような資料であれ、そこに含まれる何らかの単位(たとえば、セグメントや単語や文)に関して、情報を記録する(あるいは既に記録されたものを利用する)ことがよくあります。記録や閲覧をExcel上で行えば、ソートやフィルターが簡単に利用できて便利です。

記録したファイルを見ていると,元の音声を確認したくなることがあります。音響音声学の知識があれば,ただ聞くだけでなく,スペクトログラムやF0曲線も確認したくなるかもしれません。そんなとき,一回一回該当する音声ファイルを探して(たとえばPraatのような音響分析ソフトで)開き,さらにその音声ファイルの中の該当する箇所を探すというのは,けっこう面倒です。

そんなときの強い味方が,西川賢哉氏の作成したPraat Launcher。Excelのアドインで,ExcelワークシートからショートカットでPraatを立ち上げ,該当する音声ファイルの該当する箇所のスペクトログラムを表示させ音声を再生するというスグレモノです。TextGridも同時に開いてくれます。



ダウンロードと詳しい使い方は以下のページにあります。
Praat Launcher

ちなみに、11月20日に西川さんが筑波で、Praat Launcherについてお話ししてくださいます。みなさま是非ご参加ください。
筑波音声学・音韻論セミナー

※なお,この記事のタイトル「Praatをもっと楽しく!」はPraat Launcherのページにあるモットーからとらせていただいたものです。

コメント
この記事へのコメント
Praat Launcher
取り上げていただきありがとうございました.

ご紹介していただいた直後に,web pageを一新し,addinもVersion 1.5.0にアップデートしました(1.4.xは欠番).

document(pdf)類はすべてつたない英語で書き直しました.英語圏での批判に晒されれば,また新たな展開が期待できるところですが,どうなるでしょう.

(一部で好評をいただいていたらしい)日本語による解説は,一旦封印します.日本語版は既に何人かの方々から要請がありますが,できればどなたか別の方にお願いしたいですね(アプリケーションの作者とマニュアルの執筆者が違うことは普通にあることなので…).
2011/11/13(日) 17:31:53 | URL | nisi #-[ 編集]
nisiさん

コメントありがとうございます。

こういうものの面白いところは,作者が考えていなかったような使い方をする人が現れうるということではないかと思います。そうやって,新たな展開が生まれるのかなあと。

そういう意味でも,海外で使う人が増えるといいですね。私も海外普及の伝道師を(勝手に)やらせていただきます。
2011/11/14(月) 21:40:45 | URL | A. Utsugi #LBBrlPtc[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。