マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palatography Lessons
YouTubeでPalatography Lessonsという動画を見つけました。Palatographyというのは,簡単に言えば,何かの発音をしたときに舌がどこに触れるかを調べるというものです。そのための専用の機器もあったりしますが,ここで取り上げているのは,舌に墨のようなものをぬって発音しどこが黒くなったかを調べるという,ある意味原始的なやり方です。でも,たとえばフィールドワークで調査する場合など,こういう方法が有効だったりするわけです。

このビデオはSOASの人たちが作ったもの。見てるとなんだかとっても楽しそうです。












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。