マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1941年の朝鮮語実験音声学論文
東北大学の後藤斉先生から教えていただいた情報です。

学界においてほとんど知られていなかったと思う(少なくとも私は全く把握していなかった)のですが、1941年に発表された朝鮮語の破裂音に関する実験音声学の論文が見つかりました。平音、激音、濃音を扱ったものです。

岡本好次 (1941) 「朝鮮人の朝鮮語および国語の発音比較研究(第1報) 破裂音の有声・無声・有気について」『日本学術協会報告』16巻2号.


ちなみに、朝鮮語/韓国語の破裂音に関する実験音声学的な研究というと、Lisker & Abramson (1964) の有名なVOTの論文の中で取り上げられたり、梅田博之先生ら(梅田・梅田 1965)が『言語研究』に発表されたりしたのが1960年代半ばのこと。その後60年代から70年代にかけてさまざまな論文が発表されました。この論文はそれらよりもずいぶん古いです。もしかしたら、平音・激音・濃音に関する実験言語学的な研究としてはいちばん古いんじゃないかと・・・(きちんと調べたわけではないので、確かではありませんが。)

この論文、近刊予定の『日本エスペラント運動人名事典』の編纂の過程で後藤先生が再発掘されたとのこと。エスペランティストである著者の岡本好次(おかもと よしつぐ)については、この事典に詳しいことが書かれるようです。
[追記(2013年9月20日)]

後藤斉先生が詳しい資料紹介を書かれました。


後藤斉(2013)「【資料紹介】1941年の朝鮮語実験音声学論文」『東北大学言語学論集』22, pp.15-28.


テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。