マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓学生フォーラム
私は学生の頃、行動力があるタイプではありませんでした。大学の掲示板で「日韓学生フォーラムメンバー募集」のポスターを目にしたとき、当時韓国語を勉強していた私は掲示板の前で一瞬足をとめたものの、外務省後援とか書いてあったりして、何かそれはバリバリの行動力を持ったスーパー大学生たちが参加するような自分とは遠い世界のことのように思えたのです。

でも、その数日後に同じ授業をとっていた大学の先輩から誘われたとき、ちょっと背伸びをしてやってみてもいいかなと思ったのです。そして私は日韓学生フォーラムに参加しました。大学2年の冬のことです。

日韓学生フォーラムとは何か?簡単に言えば、日韓のいろいろな大学の学生が参加し、夏に2週間英語でディスカッションをするというもの。ただ、そのために誰かが企画のお膳立てをしてくれるわけではなく、参加者自身の手ですべてを作り上げていくことになるし、夏までの間に勉強会を重ねていく・・・

結局2期にわたって参加し、大学4年の夏まで活動しました。実際参加してみて、それは本当に「背伸び」の連続のようであったわけですが、終わってみて振り返ってみると、実際に少しは背が伸びたかなとも思えるわけです。「日韓交流」の貴重な経験を得たというのはもちろんなのですが、それだけではありません。言葉にするととても月並みになってしまうのですが、やはりそれは「成長」なのだと思います。

そんな日韓学生フォーラムが、今年もまたメンバーを募集しています。

日韓学生フォーラム

・・・というわけで、ちょっと宣伝の文章を書いてみました。




ちなみに、ネット上でこんな記事も見かけました。2009年なので少し古いですが。

「学生でも社会を変えられる 日韓学生フォーラム」

ここに書かれている「メンバーの入会理由も様々で」というのはまさにその通りだと思います。上で書いたことも、私の個人的な入会のいきさつであって、終えた後の個人的な感想に過ぎません。本当にいろいろな人がいます。それがおもしろいのです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。