マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ladd and Morton (1997)
D. Robert Ladd and Rachel Morton (1997) The perception of intonational emphasis: continuous or categorical? Journal of Phonetics 25, 313-342.

今やっている研究ととても関わりがあるもので、前々から読もうと思っていたのですが、今になってようやく読み終えました。内容もそうなのですが、方法論に関してもとても参考になる論文です。

この論文で扱っているのは、英語における強調のイントネーションに関して。普通のHアクセントと強調されてピッチレンジが増した場合との間に範疇性が認められるかを、知覚実験により検討しています。


1. Introduction
理論的な背景。特におもしろいのは、Gussenhoven and Rietveld (1988)が発見した現象(著者はこれをGussenhoven-Rietveld effectと呼んでいる)。これは、ピッチのピークを二つ持つ発話において、最初のピークを低くしてみると、2番目のピークの知覚上のプロミネンスも弱まるというもの。この現象は、後半の議論の中でも言及される。

2. General Method
方法論に関して。刺激音のもととなる発話を得るための録音の方法、ピッチレンジの操作(Total Rescaling法かStraight Line法か)など。Appendixにはピッチレンジを操作するための数式(Giessen model)も出ている。

3. Experiment 1
10ポイントのスケールで強調の度合いを判定させるという実験。文、被験者への指示の方法、刺激音の作り方、話者など、様々に変えてみている。ここで最もS型に近い結果をとったものが、実験2以降で採用されることになる。

4. Experiment 2: categorical perception
ここで行っているのは、典型的なカテゴリー知覚の実験。つまり、identification taskとdiscrimination task。(なお、discrimination taskにはいろいろなやり方がある。以前の記事ではABX法と4IBX法を挙げたが、ここで採用しているのはそのどちらでもなく、2IBX法。)

4.1. Experiment 2a
identification taskの結果: S型が現れた。
discrimination taskの結果: ピークが現れた。しかし、ピークの部分でも正答率は5割に満たず、さらにfalse alarmにおいて周波数が上がるほどdifferentと答える率が上がるという、不思議な現象が見られる。

※なお、ここのところではS型カーブからカテゴリーの境界を求めるために、Probit analysisというものを用いている。自分も、今後の実験のために、使えるようになっておく必要がありそう、、、

4.2. Experiment 2b
実験2aでは、discrimination taskにおいてABという組み合わせしか行っていなかった。実験2bでは、BAも加えて実験を行っている。その結果、BA hitがfalse alarmとほとんど変わらないという不思議な結果を得ている。(これについて著者は、declinationと関係があるのではないかと述べている。)

5. Experiment 3
ここでは、ピークのアラインメントを操作し、Early peakとlate peakの両方についてカテゴリー知覚の実験を行っている。その結果、identification taskとdiscrimination taskのいずれにおいても、アラインメントによってカテゴリー境界の位置が異なるかのような結果を得ている。このことは、ここで扱っているものが、子音の場合のような典型的なカテゴリー知覚と異なることを示唆している。

6. Experiment 4
ここでは、discrimination taskに関し、典型的な方法とは異なるやり方をとっている。すなわち、
・二つの刺激音の異なり具合を10段階で評価させる。
・1段階離れた組み合わせだけでなく、2段階、3段階離れた組み合わせも用いる。
その結果、
・明確なピークが認められない。
・呈示順の効果が認められる(ABとBAで傾向が違う)。
という結果を得ている。

7. Summary and conclusion
著者がまず述べているのは、ここまでの一連の実験の結果が、典型的なカテゴリー知覚と異なるということ。これについてさらに、ピッチレンジの差異は範疇的に「解釈」されるが、範疇的に「知覚」されているわけではないという見解を示している。さらに、呈示順の効果に関して、Gussenhoven-Rietveld effectと関係があるかもしれないという問題提起をしている。


最後の結論の部分(呈示順の話以外)だけ見る限り、とてもわかりやすい話です。ただ、実験結果とその解釈に関しては、いろいろと考えさせられる部分があります、、、

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今参加している勉強会の一つで発表の順番がまわってくるので、最近読んだLadd and Morton (1997) を取り上げることにしました(この論文については、以前の記事の中でまとめました)。それでここのところ、この論文をざっと読
2006/07/31(月) 00:01:35 | マルソリ・ラボ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。