マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語・韓国語・朝鮮語
「国語」という名前 ― 自尊と唯我(原文は韓国語)
という韓国日報の記事を読みました。

例えば、イギリス人が自分たちの言葉を「国語」と呼ばず「英語」と呼び、同様にフランス人が自分たちの言葉を「フランス語」と呼ぶのに、韓国人はなぜ自分たちの言葉を「国語」と呼ぶのか、というところから話がはじまっています。イギリスやフランスと異なり、韓国が単一民族国家で少数民族の言語がないというのが、ここで述べられている一つの背景。さらにもう一つの背景として、日本のことが書かれています。

日本において、かつて帝国主義の時代に「国語」という呼び方が持っていた思想的な意味合い。「国語」と「日本語」の使い分け。そして、それと似ていなくもない韓国における「国語」と「韓国語」の使い分け。そういうところに話が向かいます。イ・ヨンスク氏の著作をふまえて論じているようです(私はこの本を読んでませんが)。

「国語」という思想―近代日本の言語認識 「国語」という思想―近代日本の言語認識
イ ヨンスク (1996/12)
岩波書店

この商品の詳細を見る


できれば、「国語学会」が「日本語学会」に改称したのに象徴されるような、日本における最近の「国語→日本語」の流れにもふれてほしかったと思います。
参考までに…国語学会―学会名称問題について

記事ではさらに、「韓国語」と「朝鮮語」のことにもふれています。記事ではこんなことが書かれています。


実際、「韓国語」という言葉は1948年に大韓民国政府が樹立した後になってはじめて使われ始めた言葉だ。日帝時代にはこの言語は「朝鮮語」と呼ばれ、解放後にも半島の北側では依然として「朝鮮語」と呼ばれており、日本(と中国)でも長いこと「朝鮮語」と呼ばれてきた。韓半島に二つの国家が樹立した後でも日本で「朝鮮語」という言葉が用いられてきたのは、日本人たちが北側に友好的だからではなく、「朝鮮」という言葉を半島全体の地域の名称として理解しているからだ。しかし、南北両国家の間の均衡が大韓民国の方に大きく傾いたのに加え、韓国側の執拗なロビー活動が受け入れられ、今では日本でも「韓国語」という言葉が広く使われているようだ。


私の経験では、こういった事情、(日本人もそうですが)韓国人にはあまり理解されていないと思います。それだけに、韓国でこういう記事が書かれるのは、きっと歓迎すべきことなのでしょう。

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。