マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPSSで分散分析:一変量か反復測定か
まず、反復測定とは何かというところから。こういうことを、実験音声学を例にして説明しているものって、なかなかないと思います。

例えば、東京方言において「イ」と「エ」の第一フォルマントを比べたいとします。

反復測定じゃない場合:
東京方言話者を10人集めて、各話者に「イ」を発音してもらう。さらに、別の10人を集めて、各話者に「エ」を発音してもらう。それぞれの第1フォルマントを測定して、比較。

反復測定の場合:
東京方言話者を10人集めて、各話者に「イ」と「エ」の両方を発音してもらう。それぞれの第1フォルマントを測定して、比較。

普通に考えればわかると思いますが、録音して音響分析するというタイプの実験であれば、ふつう反復測定です。実験音声学でも、別のタイプの実験では、反復測定じゃないこともあるかもしれませんが。




こんなことを書いたのは、反復測定ってそもそも何だろうかということを、自分の中で整理しておきたかったからです。

実は今日、SPSSで分散分析をやろうとして、ちょっととまどってしまいました。分析 ― 一般線形モデルを選ぶと、さらに一変量、多変量、反復測定の三つに分かれているのです。多変量はとりあえず関係ないとして、一変量と反復測定のどっちを選べばよいのだろうかと。

…悩んだ挙句の結論、、、どっちでもいいんですよね。

参考になったのは以下のページです。
http://www.interq.or.jp/pluto/tunes/document/VER13_spssprim.doc
5節から6節にかけて。SPSSで乱塊法を行うには二つの方法があるとのこと。

要するに、データビューにおけるデータの並べ方が違うわけです。
・反復測定のメニューを使う場合:標本内因子の水準を横方向に並べる。
・一変量のメニューを使う場合:標本も標本内因子もともに変数とする。(ただし、因子を選択する際に標本を変量因子にする点に注意)

実験の内容が反復測定であるからといって、SPSSのメニューにおいて必ずしも反復測定を選ばなければいけないわけではないようです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。