マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金永萬 (1986):第1章・第2章
金永萬 (1986) 國語超分節音素의 史的硏究. 高麗大學校 博士學位論文.

とりあえずこの論文の第1章と第2章だけ読みました。第1章は序論(研究史の概観),第2章は現代の諸方言について。3章以下は中期語に関することなので,とりあえず今はパス。

この論文では,超分節音素という観点で,韓国語(朝鮮語)の諸方言を以下のように分類しています。
・西部諸方言:平安道,黄海道,京畿道,ソウル,江原道西部,忠清道
・慶南方言:慶尚南道(ただし,울산,울주,거창等北部を除く)
・慶北方言:慶尚北道,慶尚南道の울산,울주,거창等,江原道삼척
・咸鏡方言:咸鏡道,江原道東北部

諸方言のアクセント(韓国の用語では声調),長さについての概観は比較的よくまとまっていると思います。各方言の特徴,および対応関係がわかります。(あるいは,私のこの分野に関する知識が増えてきたため,理解しやすかったのでしょうか。)具体的な体系についてはさほど詳しくありませんが,それはこの論文の関心が共時的な体系ではなく通時的な対応関係にあること,および,そもそも韓国の方言アクセント研究が体系にさほど関心を払わないことによると思います。それはそれでいいと思います。N+いくつとか語声調とか言うことだけがアクセント研究の目標ではありませんから。

私の受けた印象で言うと,韓国語(朝鮮語)の諸方言は,語声調的な特徴と(狭義の)アクセント的な特徴をあわせ持っています。それが,方言ごとに微妙に変化し,語声調的性格の強い方言からアクセント的性格の強い方言までが連続的に分布しているという感じです。アクセント的性格が最も強いのは,この論文を読む限り,咸鏡方言です。一方,語声調的性格が強いのは,この論文からはわかりませんが,他の論文等で知る限り,慶尚南道西部のようです。

今は詳しいことをまとめる余裕がないので,とりあえずこのへんで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。