マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国滞在を振り返る (2):2度目の韓国暮らし
前回の記事のつづきです。

前回の記事では,なぜフェローシップをとろうとしたのかについて書きましたが,実を言うとそれが韓国で研究するフェローシップであるということも,私にとって重要なことでした。

実を言うと,私にとって韓国で暮らすのはこれが初めてではありません。以前にも韓国に住んでいました。交換留学生として。そのときは,2001年夏から1年の予定でしたが,延長して1年半いました。そして1年半がたち,もうちょっといたいと思うようになりました。いろいろな理由があって。それで,実際に韓国にもう少しいつづける方法を探したりしました。でも結局,様々な事情があり,日本に帰ることになったのです。それでも,後でまた韓国で暮らしたいとは思っていました。

そういう意味で,今回韓国に来れることになったのは,願いがかなったようなものです。韓国国際交流財団のフェローシップの場合,期間は1年以内。これもちょうどいいと思いました。韓国で再び暮らしたかったといっても,もっと長期的に滞在したいとは思っていなかったので。将来はともかく,現時点でより長期的に韓国に滞在するのは,自分の研究者としての可能性を狭めてしまうように思えたのです。確かに韓国で研究すれば,調査対象である韓国語に身近にふれられるという利点はあります。韓国語話者の被験者を集めるのも簡単です。ただ,学界のレベルという点で見た場合,物足りなさを感じてしまうのです(もちろん私の専門分野での話であって,他の分野がどうかを私は知りません)。だから,1年以内 ― 私の場合9ヶ月 ― という期間もちょうど良かったわけです。(でも実際に今こうしてその期間を終えてみると,9ヶ月はやはりあっと言う間だなと思います。)

2度目の韓国暮らしは,少しずつ前回とは違いました。どんなところが違ったか,まとめてみたいと思います。

・所属がある
以前はただの交換留学生でした。勝手に授業をとったり研究を進めたりしていました。それに対し今回は,研究室に所属。研究室の会議に出席し,その他の催しにも参加し,学会の大会にはみんなで行ったりしました。

・居場所がある
所属があるのに伴い,研究室の中に自分の机を持たせてもらいました。交換留学生のときは,勉強や研究をするときは自分の部屋か大学の閲覧室(注参照)に行っていたわけですが,今回は決まった場所に行き,決まった人たちと顔を合わせるわけです。


注:
韓国の学生は,自分の部屋では勉強せず大学内の閲覧室を利用することが多いようです。閲覧室は図書館内のほか,他の場所にもいろいろ設けられています。図書館の本を読むというよりは自習のために利用するので,閲覧室というよりは自習室と言った方が適当かもしれません。閲覧室は学内にたくさんあり,そのどこも学生であふれかえっています。24時間あいている部屋もあります。巨大な部屋で大勢の学生が勉強しているのを初めて目にしたとき,カルチャーショックを感じたのを覚えています。

韓国の学生が自分の部屋よりも大学の閲覧室を利用することについては,いろいろな説があります。一人でいるよりも友人と一緒にいることを好むから,下宿や寮の部屋が狭くて勉強できる環境にないから,など。また日本の学生よりもよく勉強しているというのも事実だと思います。韓国の学生は日本の学生よりも成績に敏感で,また就職においてもTOEICのスコアなどが重視されたりします。

もっとも,上で書いたようなことは,大学によっても違うと思います。私のいる高麗大は韓国でも有数の名門大学で,大学に入ってからも,良い企業に就職したい,海外の大学院に留学したいなど,上昇志向が強い方だと思います。


・研究だけの日々
交換留学生のときはいろいろと授業をとっていましたが,今回は授業をいっさいとらず,研究だけをしていました。黙々と机に向かうだけの日々というのは,周囲からはさぞかしつまらないだろうと思われたりするのですが,研究を好む人間にとっては決してそんなことはありません。頭の中には広大な研究の世界が広がっており,本や論文を通じて世界とつながっているのです。(なんて大袈裟かな・・・)

・限定された人間関係
上に書いたことの結果として,人間関係は当然限定されてきます。自分の部屋と研究室を往復する日々(しかも自室から研究室まで徒歩3分!)で,授業をとることもなく研究だけをしていると,日ごろ会うのは研究室の人と一部のごく親しい友人ぐらいです。交換留学生のときは,同じ交換留学生の日本人・在日韓国人や他の国の人たちとけっこう親しくしていたのですが,今回の滞在ではほとんど韓国人としか会いませんでした。そんなわけで,日本語を使う機会もほとんどありませんでした。韓国語の実力をつける上では良かったのかもしれません。実際には,あまり韓国語力が向上した感じはしませんが…。

さて,次はフェローシップのことについて書いてみたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。