マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文を英語で書くということの理想と現実
U氏は韓国語の研究者です。
韓国語に関するある説について批判的に検討する研究をしています。そして,論文をせっせと日本語で書いて発表しています。

でも,U氏が検討している説の提唱者は韓国人で,韓国語と英語は理解しますが,日本語で書かれたものはいっさい読めません。関連する研究している人の多くも韓国人や欧米の研究者で,その大半はやはり日本語で書かれたものは読めません。それではU氏はいったい何のために論文を書いているのでしょうか?

答えは簡単です。それは,研究業績という名のポイントを稼ぐためです。それによって研究者は書類上で評価され,ステップアップしていくことができるのです。その論文が読まれるかどうかはどうでもいいことなのです。

***

実はU氏とは私のことです。
韓国語に関する論文を日本語でいろいろと書いてきました。でも,それについて疑問は感じてきました。論文というのは,本来読まれるためにあるもの。他の研究者に読まれることで議論が生じたり影響を与えたりして,それによって学問は発展していくのです。本来読まれるべき人に読んでもらえないような言語で書いては,本当はあまり意味がないわけです。

(補足1:もちろん,全然意味がないわけではありません。私の研究は日本における韓国語音声研究においても意味があるかもしれず,そういう応用的なことに関心がある日本の研究者・教育者には読んでもらえるかもしれません。ただ,私の研究の最も本質的な部分は理論的なものであり,その部分で学問的貢献がちゃんと出来ないということです。)

(補足2:むこうが日本語ができないのが悪いんだと言う人がたまにいますが,それは暴論だと思います。いくら韓国が世界一日本語学習者人口の多い国だといっても,韓国語を研究している韓国人が日本語を学ぶ義務はないと思います。英語に関しては,好むと好まざるとに関わらず,それが学問の世界で最も通用する言語になっている以上,できると想定されるのは仕方のないことだと思いますが。)

そんなわけで,ちょっとずつ英語で論文を書くようにしています。はじめて英語で論文を書いたのは2003年のことで,昨年(2006年)からは,ほとんどの論文を英語で書いています。韓国語で書いてもいいわけですが,あえて英語で書いているのは,韓国語のわからない一般言語学的な言語学者にも,韓国語の研究成果はインパクトを与えうると思うからです。これは,こちら(イギリス)に来て,ますます感じるようになったことです。

日本でいろいろな言語を研究している人たちが,研究成果をもっと英語で発表するようになったらと思います。おもしろい研究をしている人たちはたくさんいて,その人たちの研究は一般言語学的に価値のあるものだと思います。そうした研究は,英語で発表することによって,もっと広く知られるところとなり,学問的貢献もはるかに大きくなるはずです。でも,実際に英語で論文を発表している人はあまりいません。そして,一部の英語学者だけが,海外では日本を代表する言語学者として認知されていくのです。

でも,一つの現実的な問題は,英語で論文を書くということが決して簡単なことではないということです。これは,英語を母語とする人たちには理解してもらえないかもしれません。英語を専門とし,英語が出来て当たり前の英語学者たちにも理解してもらえないかもしれません。でも,多くの日本の研究者にとっては,英語で論文を書くのは本当に本当にたいへんなことなのです。

私自身もそうです。はじめて英語で論文を書いたときは本当にたいへんでした。最近は多少慣れてはきましたが,それでもまだ楽なことではなく,かなり時間がかかります。私が論文を英語で書いていられるのは,研究だけをしていればいいという恵まれた環境にあるからかもしれません。日本で専任のポストについていたら,忙しくて論文を書く時間が十分にとれず,手っ取り早く業績を稼ぐために今でも日本語で論文を書いているかもしれません。

***

・・・でも,一方で思うこと。

英語で論文を書くことによって,けっきょく日本人にも韓国人にも論文を読まれなくなってしまうのではないか。

英語で論文を「書く」という以前に,英語の論文を「読む」ことすらしない人が,英語学以外の言語学系の分野では実は多かったりします。まあ,確かに読むことだってたいへんです。でも,それではすまされないことが,ときとしてあると思うのですが・・・。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
英語学英語学(えいごがく)とは、言語学|現代言語学の研究成果を用いて英語を客観的に記述する学問のことである。すなわち、無意識的に話している(すでに知っている)英語にどんな規則や構造があるのかを解明し、理論的に説明するのが目的である。よって、意識的に学ばな
2007/07/27(金) 07:37:39 | 英語学習教習所
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。