マルソリ・ラボ
言語学、音声学、日本語、韓国語など。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進歩?
昨日,ここエディンバラ大学の研究会で発表をしました。来たばかりのときに一度発表したので,今回が2度目の発表です。

前回の発表のときは,質問がよく聞き取れずに苦労したのですが,今回はいちおう(完璧にとは言わないまでも)理解できて,ある程度かみあった議論ができたと思います。英語が上達したからなのか,それとも質問が簡単だったからか,あるいはたまたま早口で質問する人がいなかったからなのか。

ところで,質疑応答をしながら感じたことですが,どの部分にひっかかるかは母語や専門とする言語によってかなり違ってくるんですね。私は日本語が母語で,研究上の関心は日本語と韓国語の韻律にあるわけですが,そんな私にとって当たり前のことや予想通りの結果は,こちらの人たちにとっては必ずしも当たり前ではないわけです。そういう部分を丁寧に説明していかないと,どんなに優れた研究でも適切な評価を得られないのでしょう。逆に,何が西洋人に対してインパクトを与えうるかを理解していれば,国際的な舞台で良い評価を得やすいのかもしれません。

今回のネタで後日学会発表をするのですが,もうちょっとうまくアピールできる発表になるよう,工夫する必要がありそうです。それと,英語ももう少しなんとかしないと。コミュニケーション能力が足りないと,なかなか議論が深まっていきません。

まあ何はともあれ,1つ仕事をやり終えて,今はほっと一安心といったところです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。